━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ■■ ■ HIRUMAS HEADLINE WEEKLY
■■■■■■ 週刊ひるますヘッドライン
■ ■■ ■               第39号 00.4.30-00.5.16
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ひるますヘッドラインは、ひるますHP冒頭のコラムを一週間分まとめたもの
 です。人文系書籍の情報、社会時評、HP更新情報、身辺雑記などです。
____________________________________

■今週の主な内容
アイタル掲示板/「東北系」/「原発立地促進法」vs「自然エネルギー開発促
進法」/「週刊金曜日」/小渕死去と幼稚化する政界/森首相と落選運動

■00.4.30
「表現文化探偵団」、なかなか始動するきっかけがないまま停滞してるので、こ
この掲示板を一時的に「アイタル通信」関連の掲示板にしております。アイタル
な、つまり手作りでナチュラルなアートやイベントの情報や話題を交換する場で
す。ぜひ情報提供お願いします。
○アイタル掲示板
http://www63.tcup.com/6328/hirumas.html

また探偵団の方でやろうと思ってた「民俗芸能」関係の情報収集をHPで行いた
いと思ってます。とりあえず東北にしぼって進めていく予定ですが、関心のある
方は、ぜひご協力ください。具体的には東北の民俗芸能のリストをつくり、関連
サイトがあればリンクを貼ってきます。フリーで使用できる画像データ、テキス
トをお持ちの方はぜひご提供願います。

追記:前からツバつけてた「東北系」という名前にして、トップページのみ作っ
てみました(まだナカミは何もありません)。どーせだから、民俗芸能だけじゃ
なくて、歴史や文化など広く「東北学」(赤坂さん)的なこともやってこうとい
うところです(なんかいつもかけ声だけだが…)。
○「東北系」
http://www.bekkoame.ne.jp/~hirumas/TOHOG/index.html

さらに追記:…と書いたら、偶然にも赤坂憲雄さんの「東北学」第2号が出たよ
ーですね(新聞広告に出てました)。我が高橋克彦さんの「蝦夷の精神史」って
のが載ってます。
それと、東北といえば「鬼」だけど、鬼を追求する「こおにさん」のサイトを見
つけました。鬼に関する文献・随想・リンクが充実してますので、こちらもぜひ
ご覧下さい。
○おにさんこちら
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ohgai/6892/

■00.5.11
連休をきっかけにずーっと更新が滞り失礼しております。あるメールで「原発立
地を促進する地域振興特別法案」なるものが成立されようとしているというのを
知りました。自民党議員が中心になって、原発をつくる自治体に対してさらに金
をばらまこうというもの。朝日の社説(4/30)でも取りあげられていたそう
だから、知らぬはワタシばかりなりかもしれん。ことさらに反原発を主張するわ
けでなくても、これからのエネルギーをどうするかということは今立ち止まって
考えねばならない時なはず(なんか朝日の社説っぽいですが)。この法案への反
対アピールについてはHPではなくてMLで回っているようなので、興味のある
方はワタシにメールをくだされば内容を転送いたします。ぜひお申し出下さい。

そのアピールや朝日社説でも取りあげられているけど、その促進法とはまったく
逆に「自然エネルギーの開発利用を促進する法案」が、250名を超す超党派の
国会議員により議員提案されようとしてます。このくわしい内容は民主党金田誠
一議員のHPに掲載されてましたので、こちらもご覧あれ(金田議員は例の臓器
移植法改正反対シンポの呼びかけ人をされた方です)。
○金田誠一「良心宣言」
http://www2.hotweb.or.jp/kaneta/welcome.html

■00.5.12
なにかと話題の「週刊金曜日」(5/12号)の書評コーナーで『オムレット』
の版元、広英社の既刊『子ども達は成長したがっている!』を取りあげていただ
いてます(ずーっと以前に『オムレット』も取りあげていただいたのでした)。
奇しくも?この号のテーマは「日本を原発だらけにした人たち」です。う〜ん、
シンクロ…(「週刊金曜日」で原発テーマってのはまぁ普通か)。それはともか
く、ぜひご覧下さい。
○週刊金曜日
http://www.jca.ax.apc.org/kinyobi/

■00.5.15
小渕さんが亡くなり、なにはともあれご冥福をお祈りいたします。

それにしてもここでこそ、情に流されないキビシイ視点が必要なとこでしょう。
マスコミはこぞって次女のナントカさんが後継になんて話をしているが、この人
が小渕さんの病状を公表しないでほしいと「希望」した「家族」その人であると
いうことは、きちんと押さえておいていただきたい。政治評論家の森田(実)サ
が、ひとり「世襲制は封建制になる」とクギを刺し、次女のナントカさんに「
英断をもって出馬をとりやめるよう」提言していたが、私もそれを希望する。単
に世襲を批判するのではなく、その行動からして、ナントカさんの公的なコトガ
ラに関わる「資格と適性」を疑うからだ。

その森田さん、そのような「封建化」を批判しつつ「民主主義で行こう!」とか
たっておられました。まさにそうですね。オレの「民主主義で行こう!」も、早
く公開のメドをつけねば
(は、00.5.22よりダウンロード開始しました)。
http://www.bekkoame.ne.jp/~hirumas/COMIC2/minshu.html

追記:資格と適性と言ったら、そもそも「家族の希望だから」ということをタテ
に、それを明らかにしなかった野中氏・青木氏の資格と適性こそまず疑われるべ
きところ。なんでみんなそこを黙ってるのかと思ったら、この森田サン、このよ
うな「家族の希望だから」を理由にして憚らない態度を「政治の幼稚化」と言っ
て痛烈に批判してました。森田サン、なかなか分かってるじゃーないですか!
…と思ってたら、引き続いて青木氏の「オレ・オマエの仲、家族・兄弟同然」(
だから「明確な言語・文章」に依らずして意志の伝達が可能)発言が出る。こう
いう一連の幼児化、私物化(ニュース23で筑紫哲也も「私議」という言い方で
よーやく批判していた)は、もう「自民党だから…」ということでは理解できな
いところに来てしまってる気がする。ここまでヒドくはなかったろう、というか
…。オレに言わせりゃ「村山以後」的現象。子ども(特に17歳)だけが「おか
しい」わけではないのだ。
○しつこくも現実をジョーダン化する村山現象については↓
http://www.bekkoame.ne.jp/~hirumas/WEBZIN/hirumas14.html#jodan

■00.5.16
「民主主義で行こう!」って言ってる矢先、森首相、さっそくかましてくれまし
たね〜。「日本は天皇を中心とする神の国」ね…。韓国のマネして「落選させよ
う運動」というのをやってる人たちがいるそうだけど、こういう民主主義をまっ
たく理解していない人物はちゃんとリストに入ってるのかね。
 追記:ちゃんと入ってました…↓
 ○落選運動―主権者・市民連帯・波21―
  http://nvc.halsnet.com/jhattori/rakusen/index.html

それはともかく、ずーっと昔、十年くらい前に韓国ではじめて大統領選挙が行わ
れた時、「韓国の民主化なるか?」なんて新聞の見出しにエラそーに書いてたの
を今でも覚えてるけど、まずはオレ達の民主主義ってどーなってんだ?っての。
今度の選挙はまさに「日本の民主化なるか?」ってことが問われるんだと思うよ。

追記:テレビで問題のシーンをビデオで流すとき、発言内容をテロップで(文字
にして)流してるけど、あの文字ヘンじゃない? 「神の国であるということを
…」と書いてるけど、正確には「神の国であるぞ、ということを…」でしょ。こ
の「ぞ」こそ、言い逃れできない彼のコンテクストを表しているのだ。つまり上
から下へ恫喝するがごとき言い方であって、この言い方のどこをどーとったら「
主権在民」の尊重になるのか。「主権在民」の「在」って「在野」の「在」だろ
う、くらいにしか思ってないのかもしれないよ、この首相。そんなわけで、各メ
ディアには、この「ぞ」をあっさりと省略してほしくないなぁ〜(え?「ぞ」っ
て聞こえない?)。
でも筑紫サンのニュース23では、これまでの森サンの「言い訳パターン」を特
集してて、エライ。なかなかいいトコを捉えました。森サンの「言い訳」って、
ぜんぶ「〜であれば」「〜としたら」というマクラがついていて、仮定の上で謝
る(実際はあやまらない)ということをやってるのだ。なにが現実に問題なのか
をアイマイ化する言葉の使用、これは上で書いた「村山以後」そのものだよ。そ
れにしても、こーいう態度ってメチャクチャ教育に悪そ〜。

さらに追記:そのへん、読売夕刊(17日)にコメントしてた日大教授の秦邦彦
さんがウマイことを言ってた。「…森首相はなぜ自分の発言が不適切だったか分
からないまま陳謝しただけだろう。…(問題発言は)自分の信念があって話して
いるわけではなく、自分の言ってることの意味も分かっていない。」この「信念
」がないというところが、まさに同感。これは上↑で言った「ぞ」の持つ意味ア
イと矛盾しない。コンテクストあって信念なし、なのだ。森首相のみならず、言
い訳の流行として「真意が伝わってない」があるが、誰も「真意」を問題にして
いるのではなく、そのようなコンテクストで語ってしまって平然としている、そ
の感性と無能さを問題にしているのだが、しかしその先で「彼の真意は…」と考
えてみると、そこになんの信念も感じられないのだ。この点、慎太郎知事の「問
題発言」では常に彼の「真意」が問われてしまうのと好対照。
本音とタテマエの使い分けによって実はコトバによって語ることの意味がないが
しろにされる、したがって本音そのものが本当の心つまり「真意」などではなく
なってしまう、というのが『日本の無思想』の加藤典洋(カトノリ?)さんの指
摘だった。それがさらに進行して(ガン化してか)もはや本音とタテマエの使い
分けすらないカオス状態に至るのが上の追記でもふれた「村山現象」だ、という
のがオレの考え。カオスに至ってコトバで語ることの意味もリアルもそれについ
ての責任も消失する。この問題発言のあと、森首相は「しかられた」などと言っ
てメモの棒読みを始めたが、ここにすべてが象徴されてるでしょう。

○加藤典洋『日本の無思想』については↓参照。
http://www.bekkoame.ne.jp/~hirumas/WEBZIN/hirumas29.html#0621

____________________________________

 ■おしらせ
 『オムレット〜心のカガクを探検する』(心の科学研究会G.N.C./ひるます著)
 の詳しい内容は下記URLに掲載しております。ぜひご覧ください。
 http://www.bekkoame.ne.jp/~hirumas/COMIC/digicomi15.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行者:堀込広明  (C) HIRUMAS 2000
 ご意見・ご感想等:info@hirumas.com
 登録の変更・解除:http://www.bekkoame.ne.jp/~hirumas/
 配信:Pubzine http://www.pubzine.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ HIRUMAS HEADLINE
バックナンバー一覧にもどるトップページ(最新情報)にもどる
感想・ご意見をお知らせください。 info@hirumas.com