━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ■■ ■ HIRUMAS HEADLINE WEEKLY
■■■■■■ 週刊ひるますヘッドライン
■ ■■ ■               第40号 00.5.22-00.5.26
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ひるますヘッドラインは、ひるますHP冒頭のコラムを一週間分まとめたもの
 です。人文系書籍の情報、社会時評、HP更新情報、身辺雑記などです。
____________________________________

■今週の主な内容
「民主主義で行こう!」ダウンロード開始/落選運動/言わねばならぬ/岩手と
いろいろHP/日の出処分場問題/「どんづまりの時代の眠らない思想」

■00.5.22
┏━━━┓
┃特報!┃マンガ「民主主義で行こう!」のダウンロードを開始しました。
┗━━━┛ (アクロバットリーダー4.0が必要です)
 http://www.bekkoame.ne.jp/~hirumas/COMIC2/minshu.html
 注:アクロバットリーダーはパソコン雑誌の付録CD−ROMやマックOSな
  どのCD−ROMに収録されていることもありますので、ダウンロードの前
  にちょっとチェックしてみてください(通信コストの節約になります)。

■0.5.23
前回もお伝えした落選運動HPですが、「民主主義で行こう!」について制作者
の方にメールでお知らせしたところ、さっそくにもご覧いただき、おまけにリン
クもしていただきました。大感謝です。この落選運動が民主主義を根づかせる運
動として成功することを私も祈ってます。
○落選運動
http://nvc.halsnet.com/jhattori/rakusen/index.html

それにしてもここの制作者(落選運動の主催者とは別な方)服部さんはスゴイで
す。市民オンブズマンのネットワークをつくったりいろいろな活動をされてます
(いくつかは私のリンクページにもリンクあり)。私は自分では何も動かず批判
や原理的な問題の思考ばかりやってる「ひきこもり系」なので、こういう市民運
動にふれると我が身を反省しちゃいます。それはおいとしても、ここのサイトを
見てると、投票行動によって政治をコントロールする「政治活動」と、市民運動
によって行政を監視する「市民活動」は、民主主義の両輪として必要なのだ、と
言うことを思い知らされる、という感じです。その服部さんの活動の経緯につい
ては、「オンブズマンネットワークを作ったきっかけ」にくわしい。
http://www.st.rim.or.jp/~jhattori/kikkake.htm

その落選運動HPのリンクで政治評論家・森田実さんのホームページ(森田総研
HP)を知ったのだけど、森田サンの「言わねばならぬ」という政治に関するコ
メントのページがあって、これもスゴイです。まさに日本の民主主義実現を訴え
てます。私は前号のヘッドラインで「森田サン、なかなか分かってるじゃーない
ですか!」などと超失礼なことを書いてしまったが、これは陳謝いたします。「
なかなか」などではなく、本当にスジガネ入りで分かってる方なのでした。
http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/

さて話はかわって、ついに私の姉・堀込和佳のHPが開設されました。ここもぜ
ひご覧ください。
○SI-TAZU PROJECT(岩手といろいろ)
 http://www1.linkclub.or.jp/~sitazu/

陶芸ギャラリーの他、岩手についての面白エッセイ、ディープなところでは、日
の出の処分場問題についての情報などもあります。日の出と言えば、私、ちょう
ど姉に借りて田島征三さんの『日の出の森をたすけて』(法蔵館)を読んでたと
こだったが、ついに強制収用への動きが始まりました(25日、行政代執行の請
求が受理されました)。今後の動きを要チェックです。
日の出の問題については、
 ○日の出の森から
 http://www.ne.jp/asahi/hinodenomori/tokyo/

 追記:そういえば、今度の下村誠さんのCD「翼は傷つかない」は、日の出の
 森の運動を歌った歌でした。6月25日の横浜のライブには田島さんも出演す
 るそうなので、興味のある方はぜひ行ってみてください。
 http://www.bekkoame.ne.jp/~hirumas/NATTY/index.html

 田島さんの『日の出の森をたすけて』は、生命や自然に対するキモチがきちん
 と伝わってくるいい本でした! どっかの失言男が付け焼き刃で「生命の驚異
 」などと言うのとは大違い。そんなもん引き合いに出すのも失礼だが、しかし
 「どんなものにも神がやどっている」から、生き物や自然を大切にしなくては
 ならない、などと言う人(26日の釈明会見でもしつこくも繰り返していまし
 たが)が、実ハ、ばらまき行政で自然を破壊しまくってきた当事者なわけだか
 ら、これは言わずにはおれんでしょう。田島さんの本は、ディープな運動の記
 録であるとともに、日常的に何ができるか(というよりゴミ問題も配慮に入れ
 た上で日常の文化を創り出していこうという)の提言になっていて、考えさせ
 られる。まずはゴミを減らそう。

もうイッコ、すでにお気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、「表現文化
探偵団のHPが出来てます(トップページ右上に入り口あり)。
 http://www.bekkoame.ne.jp/~hirumas/OP/index.html
これは探偵団つくったものの、なかなか始動できず、最初にやろうと思ってた郷
土芸能ネタも「東北系」でじっくりやることにしたので、どーしようか、と思っ
てたのだが、「探偵ってのは、依頼されてはじめて動くんだよなぁ…」と思いつ
いたので、「調査依頼コーナー」を作ってみた、という次第。ぜひ依頼をお寄せ
くださいませ(といっても何を依頼したらいいんだ?って感じですが…。よーす
るにネタ提供のつもりでどーぞ)。もちろん探偵団に入って調査したい!って方
もお待ちしてますので、よろしく(誰でも参加できます)。

■00.5.25
刑法学者の佐藤直樹さんの新刊『どんづまりの時代の眠らない思想』(白順社)
が出てます。
→http://www.trc.co.jp/trc/book/book.idc?JLA=00020816
佐藤さんについてはここでも何度かコメントしてますが、少年と刑事責任などに
ついての鋭い著作があるかたです。特に別冊宝島に掲載されたインタビューにつ
いてはヘッドライン11号や小室直樹『資本主義原論』についてでふれました。
http://www.bekkoame.ne.jp/~hirumas/HEAD/head11.html
http://www.bekkoame.ne.jp/~hirumas/WEBZIN/hirumas31.html#0918

今回の新刊は、なんとエッセイ集で、しかもこれがなんとも哲学的なエッセイで
オレとしては「これこれ、こーいうのを待ってた!」という感じです。サブタイ
が「エジンバラの不思議な記憶と現象学」で、エジンバラ留学の経験から、現象
学的な考え方を体験的に語っていく、というもの。とかく哲学的エッセイという
と、哲学者が日常を面白おかしく茶化したものとか、逆に哲学的な思弁だけをつ
らねて全然エッセイになってないなんてのがありますが、佐藤さんのは、体験や
行動とともに、そのテツガク的な思考がカラダを使って語られる、という感じだ
(つまりこういうのを「思想」と言うのだ)。あと海外旅行をして「世界が変わ
った」って言う人は多いけど、それをうまく言葉で表現できずに「モワ」と思っ
てるだけって人がほとんどだと思うが、それを言葉にして「落とし前つけたい」
ってのも、佐藤さんのこの本のひとつのテーマなので、そっからも入っていきや
すいと思う。
 注)モワとは…
 http://www.bekkoame.ne.jp/~hirumas/HEAD/head34.html

主にヨリドコロとして使われる現象学の考え方も、非常に共感する。いまは現象
学の「教科書」というと竹田青嗣さんのかなりにイケてるのがあるけど、こうい
う佐藤さんの思索は、もっと深く身近に「体験すること」に読者を近づけてくれ
るのではないだろうか。蛇足だけど、フッサールの「内在的知覚」(疑い得ない
知覚していることそのものというか?)ってオムレツ的に言えば「内側から分か
る」ってことだよね(「内在的知覚」が、表象/イメージ界におけるそれであり
「本質直感」が、概念/イデア界におけるそれ…っていうか)。
 参)内側から分かる、とは…
 http://www.bekkoame.ne.jp/~hirumas/WEBZIN/hirumas29.html#0527
 
先のインタビューでもふれている佐藤さんの「世間論」「中世化論」のまとめに
もなっているし、後段で語られる「速度が大事だ」って話もいい!そうなのだ。
内在(内側から感じること)が大事と言ってても、そこで停滞しちゃうと、人間
ロクなことにはならないのだ。私も高速度で生きたい!と思った。ってわけで読
んでて元気が出る本なのです(というとなんか誤解されそーだが…)。オレ的に
は「内在」と「スピード」ということから、アサノの映画『孔雀』を連想した。
そうだこれ、『孔雀』みたいな本なのです。ぜひお読みください。
○アサノの映画『孔雀』については…
http://www.bekkoame.ne.jp/~hirumas/WEBZIN/hirumas31.html#0924

____________________________________

 ■おしらせ
 『オムレット〜心のカガクを探検する』(心の科学研究会G.N.C./ひるます著)
 の詳しい内容は下記URLに掲載しております。ぜひご覧ください。
 http://www.bekkoame.ne.jp/~hirumas/COMIC/digicomi15.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行者:堀込広明  (C) HIRUMAS 2000
 ご意見・ご感想等:info@hirumas.com
 登録の変更・解除:http://www.bekkoame.ne.jp/~hirumas/
 配信:Pubzine http://www.pubzine.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ HIRUMAS HEADLINE
バックナンバー一覧にもどるトップページ(最新情報)にもどる
感想・ご意見をお知らせください。 info@hirumas.com